Robotiqの2F-85とWrist CameraでCNC機械の稼働率をアップ

課題

APN社は、カナダケベックシティにある航空宇宙分野の高精度部品メーカーです。この分野において競争力を維持するためには、機械の稼働時間を延長し、最終目標として自動化により年中無休で稼働する必要がありました。

解決策

APN社は、Universal Robots UR5、Robotiq 2F-85 Adaptive Gripper、Wrist Cameraを使用して、パーツハンドリングの自動化を行いました。最初のロボットセルの微調整に1年を費やした後、4ヶ月間に 同様のセルを8つ設置しました。

完全なケーススタディを行う時間がありませんか?
後のために無料PDFを入手

利用している製品

アプリケーション

マシンテンディング

数値で見た場合
15
パーセント
コボットによるマシンテンディングにより、生産力を増強
300
部品モデル
APNが毎年機械加工を行っている高精度部品のモデル数
4
ヶ月
最初のプロジェクト後に8台のコボットの導入にかかった時間

Robotiqがお手伝いできる課題はありますか?

力を合わせましょう