ホーム
資料
学習センター
アプリケーションパッケージ
イベント

Force Copilot

  •  | 複雑な作業も簡単な方法でプログラミング。
  •  力覚を利用するアプリケーションを可能に。
  •  ロボットセルの信頼性とフレキシビリティの向上。
  •  力覚センサの潜在的機能を最大限に活用。
  •  力の制御をすぐにマスター。
アプリケーション
特長
コボットブランド

アプリケーショ

Force Copilotは、e-シリーズ内蔵フォーストルクセンサーを直感的に操作できるソフトウェアです。複雑なロボットの動きも数分でプログラミング可能で、ロボティクスの専門知識は必要ありません。結果得られるものは、強くてフレキシブルなロボットセルです。

ピック&プレース

品質検査

組み立て

マシンテンディング

Force Copilotの特長

Force Copilotは、e-series内蔵のフォーストルクセンサーデータと次の機能を用いて複雑な力覚アプリケーションを数分でプログラムします。

  • ActiveDriveツールバー
  • 経路記録ノード
  • ゼロFTセンサーノード
  • 挿入ノード
  • 表面検出ノード
  • 力制御ノード
  • フォースイベントノード
  • 衝突検出ノード
  • マルチポイントパスノード

Robotiqがお手伝いできる課題はありますか?

力を合わせましょう

統合しやすく、使いやすい

eシリーズでは、Force Copilotは、内蔵フォーストルクセンサーデータを使用し、高感度の力覚制御が必要なアプリケーションを実行します。URCapソフトウェアを保護するため、ライセンス用ドングルが使用されています。 CBシリーズでは、Finishing Copilotは、Robotiq FT 300に含まれています。

複雑な作業も簡単な方法でプログラミング

力の制御を容易にします。作業のパラメータを入力、再生を押して、アプリケーションを実行します。

精度と再現性の向上

センサをForce Copilotと組み合わせることで、ロボットの器用さを向上させます。組み立て、挿入、ピックアンドプレイスやマシンテンディングのアプリケーションにおけるフレキシビリティとロバスト性を増大させます。

把持とビジョン機能を使ってさらに多くのアプリケーションを可能に

簡単に統合できるWrist CameraとAdaptive Gripperがあれば、Wrist Cameraで適切なパーツを検出し、Gripperでパーツを挿入できます。

FTセンサの潜在的機能を最大限に活用

Force Copilotの機能を使い、eシリーズセンサでタスクとアプリケーションのプログラミングを行います。追加のハードウェアは不要です。

力覚を利用するアプリケーションを可能に

Force Copilotの使いやすいプログラミングインターフェイスで、力とトルクのフィードバックを必要とするアプリケーションも可能にします。

コボットブランド

費用はどれくらいでしょうか?

価格を請求