Robotiq 2F-85とInsightsで、品質検査数を33%増加

課題

Sennheiser Manufacturing USA社は、何千もの多様なPCBの組み立てを要するプロ用音響機器を製造しています。 細部まで行き届いた、手作業によるPCB検査のプロセスは、生産工場の課題となっていました。

解決策

Sennheiser Manufacturing USA社は、115種におよぶPCBのハンドリングにRobotiq’s 2F-85 Adaptive Gripperを使用することで、検査済ユニット数を33%増加することができました。 また、同社はRobotiq Insightsで毎日の生産指標を追跡し、そのデータを活かして妥当性を判断し、2019年の夏、2台目のユニバーサルロボット社製コボットを追加しました。

完全なケーススタディを行う時間がありませんか?
後のために無料PDFを入手

アプリケーション

品質検査

数値で見た場合
33
%
コボット導入に伴うPCBスループット
30,000
PCB
毎週センハイザー社が生産する数
115
同じグリッパーによって検査処理が行われる
独自のPCBモデルの数

Robotiqがお手伝いできる課題はありますか?

力を合わせましょう