ホーム
資料
学習センター
アプリケーションパッケージ
イベント

技能不足をインハウスのロボティクス知識で解消

課題

Assa Abloy Romaniaでは、鍵を組み立てています。組み立てられたものは世界中のAssa Abloyの工場へと送られて、最終的な製品へと仕上げられます。ルーマニアの首都、ブカレストでは失業率が低く、この工場は大きな技能不足に苦しめられていました。製造業に新しい従業員を呼び込むことの難しさが、自動化改革を押し進めました。

解決策

インハウスのロボティクス知識は、新しい技術による工程の自動化を担当するエンジニアと技術士のチームを中心に構築されました。チームは、マシンテンディングの工程で、Robotiqの2-Finger Adaptive GripperとWrist CameraをユニバーサルロボットUR5と組み合わせる選択をしました。ロボットが2つの部品を固定盤に置き、それを機械が溶接します。

完全なケーススタディを行う時間がありませんか?
後のために無料PDFを入手

アプリケーション

マシンテンディング