ホーム
資料
学習センター
アプリケーションパッケージ
イベント

CNC機械加工オペレーションにおける 人間の潜在能力を最大限に

課題

Fusion OEM社は、シカゴ近郊にある小規模の製造工場です。 2017年、Forbes誌の小企業トップ25の1つに選ばれ、イノベーションを通じて、常に競合の一歩先を歩み続けています。シカゴ近郊で優秀な機械製作工を採用することは、機械工場にとって困難な課題です。

解決策

機械製作責任者デイヴン・エリクソン氏は、ソーシャルメディアを通じてCNCマシンのテンディングを行う協働ロボットのビデオを目にし、すぐにCEOであるクレイグ・ゾベリス氏に協働ロボット購入の説得にかかりました。1年経った現在、Fusion OEM社は、RobotiqのHand-E Adaptive Gripperを装着した4台のユニバーサルロボット、力覚制御を簡単にプログラミングできるForce Copilotソフトウェア、生産能力を改善するInsightsモニタリングソフトウェアを所有しています。

完全なケーススタディを行う時間がありませんか?
後のために無料PDFを入手

アプリケーション

マシンテンディング