ホーム
資料
学習センター
アプリケーションパッケージ
イベント

Wrist Cameraで毎日の生産量が倍増

課題

WALT Machine Inc.は毎年、納品までの期間が短い、大きな注文を受け取ります。新しい従業員の研修が終わるころには、注文の大部分の納品は終わり、従業員の契約も完了しています。ロボットによる視覚を使ったピッキングは、長い間選択肢にあがっていましたが、統合経費が大きな障壁となっていました。

解決策

RobotiqのWrist Cameraと2-Finger 140 GripperをユニバーサルロボットUR10に導入することで、WALT Machine Inc.は納期が厳しい時、常時稼働が行えるようになりました。カメラが台の上の未加工パーツを見つけ、グリッパーがそれをピックします。その後このパーツはCNCマシンに入れられ、ロボットが開始ボタンを押します。それが終わると、ロボットはパーツを取り出し、また同じ作業を繰り返します。

完全なケーススタディを行う時間がありませんか?
後のために無料PDFを入手

アプリケーション

マシンテンディング

ピック&プレース