Diehl Aerospace社、2F-85汎用グリッパーと FT 300力覚(フォーストルク)センサで品質検査能力を改善

課題

ディール・アエロスペース社は、コンピューターの最終承認試験を自動化するため、2つのRobotiq 2F-85汎用グリッパーとFT 300力覚 (フォーストルク) センサを装着したユニバーサルロボットUR10ロボットアームを導入することに決めました。 このロボットの担当業務は、電気的インターフェース、入出力、センサーのすべてを二重にチェックするため、脆弱なコンピューター筐体を検査用ハードウェアに正確に挿入することでした。

解決策

ディール・アエロスペース社は、コンピューターの最終承認試験を自動化するため、2つのRobotiq 2F-85汎用グリッパーとFT 300力覚 (フォーストルク) センサを装着したユニバーサルロボットUR10ロボットアームを導入することに決めました。 このロボットの担当業務は、電気的インターフェース、入出力、センサーのすべてを二重にチェックするため、脆弱なコンピューター筐体を検査用ハードウェアに正確に挿入することでした。

完全なケーススタディを行う時間がありませんか?
後のために無料PDFを入手

アプリケーション

品質検査

数値で見た場合
1
ディール社は、確実で適応性の高いソリューションにより1年以内に、 ROI(投資収益率)を達成。
2
従業員
ディール社のスタッフ2名がユニバーサルロボット講習を受講後、他の社員に指導を実施。
1
夜勤なし
結果的に、ディール社は、コストがかかり人材確保が難しい夜勤の従業員の採用を中止。 従業員は日中の勤務だけで済むようになった。

Robotiqがお手伝いできる課題はありますか?

力を合わせましょう