ホーム
資料
学習センター
アプリケーションパッケージ
イベント

用途

製品全体を製造している場合は、ほとんどの場合組み立てラインがあります。労働力の高齢化が進み、熟練した働き手を雇用することが難しくなり、残っている社員も要求されるペースでの作業に大きなストレスを抱えています。
コボットはすべての組み立て処理を反復して実行することができます。半構造的環境の中でパーツの位置を確認し、それを色や形状によって選別し、ちょうどよい力でつまみあげ、他の組み立て部品の上に正確に配置することができます。 
製造工程で最もきつく汚れの多い作業を自動化することができるようになりました。コボットは、外部の回転具にパーツを移動するよう仕上げアプリケーションをすばやくプログラムできます。
また、オービタルツールをロボットに取り付ける場合は、どんな仕上げ経路でも10未満の基準点を使って、数分でプログラムできます。ロボットの力覚制御によって外部の工具摩耗を補うこともできます。
マシンテンディングは、協働ロボットでもっとも一般的な用途の1つです。ロボットによるマシンテンディングプロセスでは、未加工のパーツを供給する限り、ロボットは延々と作業を繰り返すことができます。 
射出成型機やCNCマシンからの取り出しのように生産工程の1ステップのみにロボットを使用する産業もあります。24時間生産の場合は、ロボットはサイクルタイムを最短化し、機械の作業域からパーツを取り除き、継続的に処理を実行します。
製造工程における付加価値のある作業の間にもよくあるピック&プレースという作業は、必要かつ面倒なアプリケーションです。その言葉通り、未加工材料、ワークピース、完成品、パッケージをつまみ上げ、工程を続行するために他の作業面に配置する作業からなります。 
こうした操作は、最初から人間が行ってきたものです。現在、私たちは、こうした作業が企業により大きな価値をもたらすことができるよう自動化することで、人間の手を解放することを目指しています。コボットは、こうした退屈な活動を簡単に、しかも年中無休で実行することができます。当社は、複数のエンドエフェクターを用意しており、ほとんどの状況に対応できるソリューションを提供します。
製造企業として何を製造しているかにかかわらず、品質管理チェックポイントに基づいた製品テストがあります。1ステップ、スキップしていたり、パーツに欠陥があったりした場合、品質テストのプロセスでエラーをトリガーしパーツの状態を知らせます。 
このようなテストは、ボタンを一通り押す作業のように非常に簡単な操作が必要な長時間サイクルとなる場合があります。コボットには、こうした作業に最適なツールにするための、速度、力、位置を調節できる使いやすいインターフェースを搭載しています。 
製造工場には、必ず1つはパレタイジングステーションがあります。パレタイジングは簡単
な繰り返し作業で、多数の産業で最も一般的なロボットアプリケーションの1つでもありま
す。

パレタイジングソリューションは、エンドユーザーのことを考慮し構築されています。開梱
時にすでにハードウェアとソフトウェアは接続されているため、ロボット制御デバイスから
直接、たった3つのステップでセットアップを実行できます。 Robotiqパレタイジングソリ
ューションは、使いやすく、順応性に優れた高性能コボットソリューションです。

詳しい情報を見る