ホーム
資料
学習センター
アプリケーションパッケージ
イベント

協働ロボットを使って3Dプリント生産量が3倍に

課題

ニューヨーク、ブルックリンのVoodoo Manufacturingは、急速に拡張していました。プレートを3Dプリンターにロードしアンロードする手作業を自動化する必要がありました。これには、プログラムが容易で、その上、先端に装備するロボットグリッパーとシンプルに統合できるロボットの腕が必要でした。

解決策

Voodoo Manufacturingは、Robotiqの2-Finger Gripperとのシームレスなインターフェイスを提供するユニバーサルロボットのUR10を採用しました。ロボットを夜間に稼働させることで、このスタートアップ企業のプリント生産量は3倍になり、6カ月以内に投資資金を回収できると予想されており、現在は、他の自動化プロジェクトも計画しています。

完全なケーススタディを行う時間がありませんか?
後のために無料PDFを入手

利用している製品

アプリケーション

マシンテンディング