5日間の統合プロジェクト

課題

製造業のスタートアップ企業でしなければならないことは多数あります。費用対効果の高い方法でタスクを自動化できれば、価値ある時間の節約と製品品質の確保につながります。しかし、多くのロボットソリューションは、統合費用だけで手が届かないほどの高額になってしまいます。

解決策

ユニバーサルロボットへRobotiqのグリッパーを統合する費用は、製品価値のほんの一部を表しているにすぎません。RobotiqのPlug + Playコンポーネントは、インストール、設定、使用とも容易です。高品質の眼鏡を生産し続けるためには、CNCマシンの自動化は財政面でも理にかないます。Lowercase NYCのチームは、人間のスキルを必要とするタスクに集中できるようになりました。

完全なケーススタディを行う時間がありませんか?
後のために無料PDFを入手

利用している製品

アプリケーション

マシンテンディング

数値で見た場合
5
Lowercase NYCがマシンテンディング用ロボットセルの統合に要した時間
0
経験
最初のロボットを導入する前にBrian VallarioとGerard Masciが持っていたロボティクスの経験
40
ユニット
他のモデルにスイッチする前に、CNCマシンが生産する各眼鏡モデルの平均ユニット数

Robotiqがお手伝いできる課題はありますか?

力を合わせましょう